コインズアンドスチール(Coins&Steel) 期待の仮想通貨MMOゲーム


マックビー(@Houshi)です。

ここ最近、仮想通貨が軒並み暴落していますが、dApps界隈は変わらず活況なようです。

また新しいdAppsを見つけたのでご紹介します。

今回ご紹介するのは、ブロックチェーン技術を使用したファンタジーRPG『Coins and Steel(コインズアンドスティール)』です。

スポンサーリンク

コインズアンドスティール(Coins & Steel)とは?

コインズアンドスティールはMoonrealm Entertainmentが開発中のブロックチェーンゲームです。

アイテムを集め、モンスターの群れを倒し、戦争と政治の陰謀にまつわる魅力的なストーリーを持ったファンタジーRPGとのこと。

こちらは開発中の画像になりますが、2DアニメのアクションRPGになるようです。

コインズアンドスティール(Coins & Steel)のブロックチェーン要素

コインズアンドスティールはブロックチェーンに、イーサリアムをベースにしたLoomサイドチェーンを採用しています。

これによってガス代が無料になるということで、従来のブロックチェーンゲームの最大の弱点を克服しています。

キャラクターやアイテムはトークンとしてブロックチェーンに記録されるため、ゲーム内マーケットや外部取引所にてユーザー間で取引が可能となります。

また、ゲーム内通貨として独自トークンの『STL』を発行する予定。

通貨の主な使い道として以下の例が挙げられます。

  • 装備を鍛えてステータスを修正する
  • 商人からアイテムを購入する
  • アイテム作成料の支払い
  • プレイヤー間でトレード
  • 市民税の支払い

そして、Moonrealm Entertainmentはクリプトキティを開発したAxiom Zenの親会社、Animocaと提携しており、あなたの持っているクリプトキティをコインズアンドスティール内でペットとしてお供にすることができます。

更に、ピア・トゥ・ピアのデータストレージ『IPFS』をベースにしたプラットフォーム『Shift』を利用することで、トークン以外のデータも非中央集権の環境に格納されます。

ただし、Shiftはまだ未成熟なサービスのため、あくまでデータのバックアップとしての使用に留まるようです。

コインズアンドスティール(Coins & Steel)のゲーム性

プレイヤーはゲーム開始時にファイター・レンジャー・ウィザードのいずれかのクラスを選択できます。

それぞれに近接戦が得意、魔法が得意、防御力が弱いなどの特徴がありますが、ゲーム開始後に獲得できるスキルはクラスには関係なく選べるようなので、キャラクターをどのように育てていくかはプレイヤー次第です。

ゲーム内では様々なアイテムの作成、ギルドの構築、更には自分の城を建て、領内の資源を得ることなどができます。

城の守りを強固にするには仲間の助けも必要になるため、チームワークがキーとなるでしょう。

バトルはPvE、PvPともに用意されておりリアルタイムアクションRPGスタイルです。

戦闘はグループ対戦・ギルド戦・攻城戦・デスアリーナなど豊富に用意されています。

世界各地にはランダムに生成されたダンジョンが現れ、単独で、あるいは仲間と共に潜り、お宝を手に入れることができます。

装備は10種類あり、内7種類はプレイヤーキャラクターの外見に反映されます。

ワールドは複数のエリアに分かれ、各エリアには1つの村があります。

プレイヤーたちは協力して村を街に、都市に、そして最終的には要塞へと育てていきます。

都市が成長するにつれ、モンスター、ダンジョン、ワールドボスなどの脅威も現れ、徐々にリソースも解放されていきます。

プレイヤーはどの都市の市民となるかによって異なるボーナスを得られます。

都市はやがて統治者を必要とするようになるでしょう。

プレイヤーは統治者を決めるための選挙に投票・立候補することができます。

統治者となったプレイヤーは以下のような都市の施策を決めます。

  • 市民税率
  • どのような建物を建築するか
  • 他の都市との戦争・貿易
  • その他の重要事項

リリース日と対応機種

ロードマップはまだないようですが、2018年末にデモ版のリリースとトークン&アイテムセールを行うとのこと。

中身のない製品でトークンを売るのではなく、実際にプレイしてもらった上でトークンを買うかどうか判断してもらおう、という心意気は素晴らしいです。

自分たちの作品に対する自信の表れ、あるいはユーザーに対するフェア精神が伺えます。

公式Telegramがオープンしたのが5月と結構前の割にはあまり話題になっていないのは、今は宣伝より開発に力を入れている為と思われます。

正式ローンチは2020年の第1期頃。

ゲームはブラウザベースとモバイルアプリとのことなので、PCでもスマホでもプレイできます。

まとめ

このゲームはかなり期待できる要素が多いのではないでしょうか。

  • 無料ゲーム
  • Loomネットワークを使用しているためガス代も掛からない
  • クリプトキティの親会社と提携しており、キティをゲーム内で使える
  • データのバックアップにはIPFSを利用したプラットフォームShiftを使用
  • デモ版をリリースした上でのトークンセール
  • 単純にゲームとして面白そう

9月からは2週間おきに開発情報を公開していくとのことなので、今後は新しい情報がどんどん出てくるはず。

注目して追っていきたいと思います。
Coins&Steel(コインズアンドスティール)公式サイト

【期待の仮想通貨ゲーム】ブロックチェーンを利用したMMORPG 6選
マックビー(@Houshi)です。 今回は仮想通貨にも使われている技術『ブロックチェーン』を利用した期待のMMOゲーム6選を紹介したいと思います。 現状ブロックチェーン技術を利用したゲームはかなり出てきていますが、正直ゲーム...