【Amazonの返品方法】開封済みでも可能?返送料・返品期限は?

Amazonは何かと便利ですが、実物が届いてみると想像とは違った、ということはありませんか?

しかし、ご存知の方も多いと思いますが実はAmazonは返品を受け付けてくれるのです。

私も先日買ったバックパックが思ったより小さく「失敗した・・・」と思ったのですが、試してみるととても簡単に返品できました。

そんなわけで今回はAmazonの返品条件、返送料、返品手順に関してご説明します。

【Amazon Audible】無料体験で3千円分のアマゾンポイント付与
マックビー(@Houshi)です。 今回はAmazonの提供する書籍読み上げサービスAmazon Audibleの無料体験を試してみたので、そのレビュー記事になります。 現在Amazon Audibleは無料体験者に最大3,...
スポンサーリンク

Amazonの返品条件・返送期限は?

まずはこちらがAmazon公式サイトの返品・交換条件が記載されたページになります。
【Amazon公式サイト】返品・交換の条件

上記ページには以下のように書かれており、お客様都合の返品・交換の場合は開封済みだと半額のみの返金となると記載されています。

お客様都合の返品・交換
未使用かつ未開封の場合:商品代金(税込)を全額返金します。
開封済みの場合:商品代金(税込)の50%を返金します。

ただし、衣服・装飾品等は試着後の返品も可能なので開封済みでも全額返金されます。

服&ファッション小物、シューズ&バッグ、30万円(税込)未満の腕時計およびジュエリーは試着後の返品が可能です。

また、以下の商品は未開封でもお客様都合の返品・交換は不可となっています。

  • 雑誌
  • 金庫
  • 植物
  • ペット用飲食物
  • 医薬品、医薬部外品、化粧品、サプリメント、医療機器
  • 食品・飲料・お酒
  • 材木、大型の木製建築資材、発動機付き商品
  • トイレ、洗面化粧台、システムキッチン、ドア
  • 原動機付き自転車、自動二輪車、カーバッテリー、バイクバッテリー
  • Amazonギフト券、チケット、その他プリペイド式商品
  • Amazonパントリー

返品期限は商品到着から30日以内です。

返品期限を過ぎてしまうと返金額20%減額されてしまうので注意しましょう。

Amazonの返品手続き

では実際の返品手順に関して説明していきます。

まずは商品を購入したアカウントでログインをし、画面上部にある「注文履歴」をクリックします。

購入した商品の一覧が表示されるので返品したい商品の右側にある「商品の返品」をクリックします。

返品の理由の選択画面になりますので、該当する理由を選択してください。

テキストボックスが表示されるので返品理由を記入して「次に進む」をクリックします。

以下の画面が表示されるので「次に進む」をクリック。

返品予定金額が表示されるので問題なければ「返送手続きを開始」をクリック。

ここまででサイト上での返送手続きは完了です。
下記手順を参考に商品到着から30日以内に商品を返送してください。

商品の返送方法

上記手順の後に表示される下記画面にて「返送用ラベルと転送手順を表示・印刷」をクリック。

「返送用ラベルと転送手順」が表示されます。
返送の際には、この返送用ラベルをプリンタで印刷しても良いのですが、以下のようにプリンタを使わない方法もあります。

返送方法
・ 商品が入っていた箱に「SP」から始まる番号入りのバーコードが貼ってある場合は、その箱にそのまま商品を入れて返品。
・ バーゴードが貼っていない、または箱を捨てたという場合は、上記「返送用ラベルと返送手順」内に表示される返品受付IDをメモに書いて同梱して返品。

着払い?元払い?商品の送料と返送先は?

商品の返品先も上記「返送用ラベルと返送手順」に記載されています。
あとはコンビニにでも持ち込んで送付するだけです。

気になる送料ですが、不良品などが原因であればAmazonが負担(着払い)、購入者都合の場合は購入者負担(元払い)です。

ただし、購入者都合でも、服&ファッション小物、シューズ&バッグストアの商品のうち、Amazon.co.jpが発送する商品は着払いとなります。
(※服、ファッション等でもマーケットプレイス商品の場合は元払い。詳しくはこちら

着払いなのか元払いなのかよく分からないという場合は着払いで送りましょう。
元払いにしなければいけなかったのに着払いで送ったのならその分返金額が減額されて返ってきます。

まとめ

ポイントをまとめてみます。

  • 返品期限は商品到着から30日以内まで。それを過ぎると返品額が20%減額
  • 未使用・未開封の商品は全額返品。開封済みなら50%返金
  • 返送時の送料は購入者都合なら元払い

 
以上、Amazonの返品方法でした。

あまり返品しすぎるとアカウントを停止されるなどという噂も聞きますが、購入して後悔した商品を嫌々使い続けるのも精神衛生上よろしくないので気に入らない商品は返品してしまうというのも一つの手かと思います。

ちなみにAmazonでは以下の方法で千円分のクーポンを入手することができるので、まだ入手していない方はこちらの記事を参考にどうぞ。

【Amazon】お得な割引・クーポンまとめ【1000円分以上】
みなさん、Amazonでは色々とお得なクーポンの配布やキャンペーンを実施しているのはご存知ですか? 今回は合計1,000円以上のポイントがもらえるAmazonのお得なキャンペーン・クーポンをご紹介します。 ギフト券5,000...